今日はハウスクリーニングにおけるトラブルやクレーム、そのやり直しに関する体験談を記載したいと思います。

 

 

トラブルに関してですが、基本的に仕事を行う前の段階では、想定出来ない事が多いと思います。例えば、僕の体験致しました例で言いますと、新築美装を行っている場合、先ず、朝、現場に向かう前に、必要な道具類等を車に積み込みます。その後に現場に到着致します。現場に到着し、必要な道具類等を積み下ろします。

 

ここまでは、順序よく事は、進んでいる段階ですね。いざ現場での作業開始となり…トラブルが発生致しました。その体験談としてですが、先ず道具類を作業場にもって行く場合に、上層階に上っていかなければならない場合ですね。10階建てくらいのマンションの5階での新築美装の作業でしたが、これが残念な事に、エレベーターの建設が間に合っておらず(後に設置予定なのか)、全て階段での持ち運びになりました。こういった状況になりますと、台車に積んでエレベーターを使用して、5階に上がるよりも、人力での持ち運びになる為、当然時間がかかってしまいます。しかも夏場での運搬となる為、何度も持ち運んでいると、労力、体力が消耗してしまいます。正直、朝からいきなり汗だくになりました(汗)

 

その後にようやく作業開始となります。仮にエレベーター使用ですと、ものの10分くらいで、道具類を持ち運べたとすると、階段を人力で運搬となると30分以上となり、20分以上、作業が遅れてしまいます。更には、いきなり汗まみれで体力消耗後の開始となるので、作業効率も落ちてしまいます。いきなり想定外の時間が取られますよね。

 

更には、掃除機等の電気機材を使用する場合、現場で電源を使用できる箇所を探さないといけませんが、新築美装の場合、各部屋内には、電気が通っていない場合、電源口を探さなくてはいけません。これが、部屋の外側(玄関前やベランダ)に仮設で設置されている場合でしたので、延長コード等で部屋内にコードを繋がなくてはなりません。そうこうしているうちに、どんどん時間が経ってしまいます。

 

水道に関しても、同様な状況になりますが、1階にしか無い為、バケツに水を汲む。そして5階に行く。5階で作業後は汚水になるので、1階→5階の往復運搬となります。こういったトラブルは、現場での状況により異なりますが、悪条件になればなるほど、トラブル=想定以上に時間と労力のかかる事という認識になってしまいます。トラブルは避ける事が出来ない事象ですが、極力、臨機応変に無駄を少なく対応するのが、最善策と考えたいと思います。

 

 

クレームややり直しに関してですが、最近、僕が経験したクレームのやり直しに関してですが、これは、単に自分のやり忘れや凡ミスですね。棚具内の砂埃やサッシ内の汚れの取れ加減が足らない等でした。プロのOKの基準=お客様のOKの基準でなければいけません。…まだまだひよっこです(泣)こういった単純なクレームですと、当日の確認作業を行っていれば、大概当日中、やり直せます。

 

が、もっと厳しいクレームの内容とやり直しに発展致しますと、他の箇所の作業を終わらせなければならないので、後日それ以外の箇所をやり直しに向かわなくてはいけません。僕が、体験した例ですと、他の業者(塗装業者)さんと同じ場所で作業をしている場合でした。クレームの箇所には、作業終了予定の数時間前には、お客さん(所謂、元請け業者の建設業者さん)から、やり直し依頼の箇所にテープが張られています。

 

で、そのテープを見て、清掃業者か塗装業者かどちらのクレームなのかを判断しないといけない場合がありました。清掃業者は、その作業箇所が綺麗にされているか確認しないといけませんが、特に問題無く綺麗です。が、塗装前に表面に石が入って表面が膨れているものや塗料後等があったりで、こちらでやり直しのものかを判別していかなくてはなりません。そのテープがまた、階層毎にあちこち貼られている為、どちらの業者へのクレームなのか判別の確認とやり直しの2つの作業に膨れ上がってしまいます。これも非常に手間と時間がかけられてしまいます。

 

後日に他の予定を組んでしまっていると、予定を組み直さないといけない等、後に支障をきたしてしまいます。先程、記載致しましたトラブルよりも、クレームの場合、より時間も手間も予定も変わってしまう可能性があると共に、お客様の信頼失墜にも繋がりますので、トラブルより、当然、クレームの方が、とにかく避けなければならない事だと思います。

 

 

結論になりますが…

 

避けなければならない事…仕事を行う上で、当然ですが…

クレーム>トラブルですね。

 

更に酷い場合ですと、僕が最近、仕事の依頼案件の連絡がきている業者さんから聞いた話では、10年もの経験されている清掃業者さんが、最近クレームが発生していて、他の同業者さんに話を持ち込んでいるような内容の連絡が有りました。他の業者間で起こるクレームは、逆に自分にとっては、そこは自分にとってチャンスという捉え方に切り替えれるかも知れませんが…これについては、僕の思考では、今の所では、ノーコメントとしたいと思います。

 

 

下手な文章力にここまでお読み頂き、感謝致します。有難う御座いました。

 

それでは、今日は、これにて失礼致します。