こんばんは。

時間が夕方を過ぎている段階なので、挨拶は変化します。(笑)

 

さて、本日2回目のブログの記載です。

 

今回は、掃除機で床洗浄などのハウスクリーニング(お掃除本舗さんも応援)という事で、珍しい事が、大まかに2点程、あった内容を記載したいと思います。

 

珍しい事?2点?

 

そうです。ちょっとビックリでした。

 

1点目ですが、この日9/28に向かう現場の作業内容についてでした。三田市内に有るこの現場は、清掃業とは無縁の雑工事、略して「雑工」という仕事が、殆どの現場で、ブログに記載するような内容及びそういった事は、ほとんど無い現場だと思っておりました。が!この日は、違いました(笑)奇跡です。雑工の仕事では有りませんでした。

 

因みに、雑工という仕事は、いわゆる雑用の事です(笑)台車で材料を運んだり、ゴミを捨てたり、荷物を整理したりするなど、ほとんど清掃という事に関わる事が無いような仕事です。

 

で、この日の作業ですが、朝の8時~11時くらいまでは、いつもの雑工をやっておりましたが、お昼前からは、ついにようやく、まともな清掃業での作業に取り掛かる事になりました。

 

作業内容は…タイトル通り、掃除機で床洗浄などです。こういった内容だけでも、掃除屋、洗い屋、清掃業にとっては、ここの現場では奇跡的な作業内容なんです。(笑)ほとんどが、電気工事工、略して「電工」がメインの現場でして…(苦笑)

 

で、掃除機を使っての作業内容は、主にホコリ、ゴミ取りでした。作業範囲が広いので、業務用の掃除機をお借りして、一気に行います。

実物では有りません。イメージ的にこんな奴で、床全体のゴミを吸いまくります。

 

掃除機の数も限られているのと他の業者さんの作業の邪魔になる事もあり、途中、床用のモップなども使用します。

同じく、こんな感じのやつです。汚れの度合いが浅いので、むしろこちらの方が、スムーズにホコリなどの汚れは除去します。

 

で、

 

最後に、床洗浄です。汚れの種類が2種類有り、床の表面には、台車の足にあるタイヤのゴムの擦り後のような汚れ養生などを行ったあとのノリ粘着などの汚れ2種類です。

 

こんな感じの参考画像です。研磨シートが茶色で、スポンジが激オチという物です。

1.ゴムの擦り後のような汚れは、水を付けてスコッチなどの研磨シートなどとメラミンスポンジで、擦って落とす形で対応します。

 

 

こんな感じのものです。

2.ノリ粘着などの汚れは、3Mクリーナーや、雷神スプレー(主にシールやラベル剥がし用)で対応します。

一度、やって様子を見るも、1.の台車のタイヤ跡のゴム汚れと思われる擦り後については、なかなか効果が薄く、その部分をボカす程度が、精一杯なので、その箇所の汚れは、恐らくポリッシャーで、弱めのパッドから順に使ってみてはという状況にて、その日はポリッシャーが、無い為、ゴム跡の汚れについては、ボカすような形で終了となりました。

 

最後に珍しい事の2点目ですが、タイトル記載通り、お掃除本舗さんが、応援、協力作業に参戦されておりました。

 

大手の清掃会社さんもちょくちょくは、下請けとしても入ったりも小耳に挟んだりしておりましたが、ここに来てついに登場です。

見た目はかなり年配の方でしたが、安全の為、膝パッドなどを装着したり、時間外は、外部に電話などを行っているような光景をみてさすがは…という感を見受けられました。支店や名前などはプライバシーの為、記載致しませんが…

 

まとめ

諦めていた現場でも、清掃業者を呼んでいるには、理由がある。

 

下手な文章力などに、ここまでお読み頂き、感謝いたします。ありがとうございます。

ご覧頂きまして、何か、ご連絡、ご質問、ご相談等がございましたら、コメントの方、よろしくお願い致します。尚、メールアドレスは、非公開ですので、プライバシーは保護されますので、よろしくお願い致します。

それでは、今日は、これにて失礼致します