こんにちは、9月に入り、まだまだ大阪は、残暑がきびしい期間です。

 

さて、今回は、ハウスクリーニングに使用する車、免許、経費について記載したいと思います。

 

車について

基本的には、ほとんどの業者さんが、軽自動車がおおいです。で、その理由は、おそらくですが燃費がいいからだと思います。ぼくも、いま使用している車は、いたってふつうの軽自動車です。こんな感じのしょぼい軽自動車です。しょぼいな~しかし(笑)

車両本体¥697000(値引き後)でした。ディーラーでいわゆる試乗車として、販売されていたダイハツ製のミラ・イース、色は、シルバーです。試乗車なんで、ほとんど新品どうようで走行距離も300キロくらいしかなく、見た目も違和感はありませんでした。燃費は購入当時にインターネットで調べていた中で、確か燃費のランキングで高順位だったのが、ぼくの決断の決め手でした。

購入当時は、今の仕事をおこなっていませんでしたが、普段から車や経費にあまりお金をかけたく無かったので、軽自動車で燃費のいいのに拘っただけです(笑)これが、今に至っているというような状況です。

 

で、次が、荷物などの車内の画像です。ナンバープレートはプライバシーの関係上、ぼかしております。

 

少し前に、戸建のリフォーム絡みのハウスクリーニングに向かった後の積んだものの状況です。もっとショボく見えて、尚且つ、車内がむちゃくちゃ狭く見えます。当然ですね…最高4人乗りの車なんですが、荷物がラゲージルームを飛び出してしまって、後部座席をラゲージルームにしないと収まらなくなりこのような状態になりました。(泣)

※一人乗り及び業務用オンリーな方以外は、決してマネをしてはいけません。

 

基本的には、他の同業者さん達は、より多くの道具類を積んで走れるように、大人気なタイプは、「軽自動車のワゴン」タイプですので、下記のようなサイトで現在のランキングは判ります。ぼくの乗っている車種もまだ密かにランキング入りしていますが、このお仕事をされる場合は、多少燃費は悪くなりますが、軽のワゴンタイプをおススメ致します。ランキングでは、まだ僕の車種は、最高燃費でしたね。これでワゴンならと言いたい所ですが…

http://car-moby.jp/316139

ほとんど最新車ですが、中古車でもいまどきは、軽ワゴン車で、エアコンが有れば充分なものが見つかると思います。

 

免許について

ぼくは、もうかれこれ、10年以上、無事故・無違反のゴールド免許のドライバーです。(自慢ではありませんが…)

プライバシーの関係で、色々とぼかしています。

なに調子のって画像までつけてんねんって言われるかも知れませんが、単に画像編集を久しぶりにしたので、そういった練習も兼ねてやってみました。

そもそも10年以上、無事故・無違反という形でも、車をのる頻度が少ない、走る距離がすくない期間の方が、圧倒的に長い生活をしていたので、これはこれで、ゴールドになる確率も高くなる訳でして… ただペーパードライバーでは有りませんよ!(笑)

車の免許が無くては、この仕事は、あっちこっちの地に走れないので、移動は「安全運転」を第一に、時間に余裕を持って、移動される事をおススメ致します。僕の周りには、最近では、急ぐあまりにスピード違反などで捕まったり、事故で当ててしまったりなどいろいろ聞きます。点数が悪化して免許停止や免許取り消しを喰らっては、仕事になりません。

経費について

経費については、何も無ければ、基本的に、下記の分以外は、他は維持費くらいしかかからないと思います。

1.ガソリン代金

ガソリン代金も毎回毎回キャッシュで払っていると、時間、手間がかかると思いますので、クレジット機能のガソリンカードなどをお作りされる事をおすすめ致します。

2.高速代金

遠方になる場合は、必需品かと思われます。急に混んでいてなどいろいろと下道で不便な場合でも、ETCカード一枚、車載機があれば、早々解決できますね。

3.駐車代金

1.2以上に、これは、移動絡みで一番、悩む事だと思います。悩む例として…

・あまりにも、ど田舎で、駐車場が無い!(笑)近隣に無いなど、先方より駐車場所が近くに無いなどの事前連絡の場合は、離れの場所に停めるか、路上駐車で対応しか有りません。そういった場所は、先ず路上駐車で捕まる率は低いかと思われますが…

 

「基本的に路上駐車は避けましょう。」

 

・逆に都市部過ぎて、駐車料金が高い!(泣)これもどうしようも有りません。高いなら、高いなりに少しでも、はやく作業を終わらせるか、先方に請求するくらいが最善策かと思われます。

 

「都市部の駐車場代は、なめたらあかん!」

 

維持費

4.任意保険(自賠責とは別の民間です。)

5.車検代金(自動車税を含む)

6.その他消耗品(ウォッシャー、バッテリー、オイル等)

4~6は、普段から一般の方でも、支払っているものかと思われますが、4.についてが、事業用で使用する車の場合でしたら、用途区分、年間走行距離などを変更した場合、恐らくプライベート用車の場合よりは、年間支払い額は上がると思います。

 

まとめ…

・「車は安全第一」

・「免許は有効所持第一」

・「経費は無駄を少なく要領よく」

そんな感じでしょうか…

以上、下手な文章力にここまでお読み頂き、感謝致します。有難う御座いました。

 

それでは、今日は、これにて失礼致します。